スポンサーリンク

松屋の限定メニュー 山形だしの三色丼

松屋

2020年8月の松屋の夏の期間限定メニュー、山形だしの三色丼。

今年の夏は梅雨が7月末まで続き、8月になったとたんの猛暑です。

新型コロナ感染症の影響で、真夏なのにマスクをしていなくてはならず、例年とは違った暑さがましている。

ネバネバ食品を食べて、抵抗力を上げて、暑さを乗り切りましょう!

山形だしの三色丼(みそ汁付)

普通のみそ汁セット。とろろ、茎わさび、牛めしのコンボ。

茎わさびの味付けが山形だし担当のようです。

茎わさびが、とても美味しい!

ワサビの名前が入っているが、ピリっとした程度の辛さ。

食感がとても良い感じ。

牛めし、紅生姜と一緒に食べてこそ、松屋のメニュー。

松屋の牛めしコンボが最近多く登場しているが、何に合わせても美味しくなる、松屋の牛めしの実力。

今回、玉子が付いているかと勘違いしていましたが、玉子は別のセットで付いてくるようです。

次回はそのセットも食べてみます。

山形だしの三色丼玉野菜玉子セット+納豆

そんなわけで、そんない日も経たないうちにまたもや松屋で山形だしの三色丼を食べにきました。

目的は玉子のセットです。

あと、暑い中の仕事でかなり体力が削られている感じがした日だったので、ここは思い切って納豆も追加。

ネバネバフルパワーにしました。

玉子は卵黄だけ。

先に丼に乗せて納豆の準備をしているうちに、みるみる沈んでいきます。

全部合わせていただきます!

納豆トロロのネバネバの中、茎わさび紅生姜のアクセントがかなり良い。

馴染みの無い茎わさび以外は好きな食材で栄養も満点以上。

…お腹はかなり重くなりましたが。

「山形だし」とは

松屋の公式サイトで紹介されている情報では、山形県の郷土料理との事で、

茎わさび、きゅうり、大根、なす、みょうが、ねぎ、青じそ、昆布を細かく刻み、醤油などであえた「茎わさび山形だし」

と、いう事で、茎わさびの味付けがまさにそれだったらしいです。

全部合わせて食べた結果、お腹はかなり重くなりましたが、そこは殆ど植物性の物だったから?直ぐに回復。元気も満点になりました。

まだ暑い夏は続いています。

また何度食べて、元気をもらおう!

タイトルとURLをコピーしました