スポンサーリンク

本格横浜家系の味、王道家のチャーシューメン

ラーメン

今日は本格的な横浜家系の味を求め、茨城県取手市の王道家取手家に行ってきました。

ほど近い千葉県柏市に本店があったお店で、柏店が建物の老朽化で取手に移転してきました。

その後、柏店が復活。現在の取手店が本店なのかは分からない。

うちからだと取手店がやや近く、車も停めやすいのでこちらに行きました。

チャーシューメン(3枚)薬味ネギ、味玉、半ライス(王道家)

王道家は細かいトッピング、卓上調味料が充実しているので、初めて来た時には少し迷ったりしましたが、自分も慣れた方なので券売機を見ながら気ままに注文。

薬味ネギは家を出る直前で見た、Twitterで見たどなたかの記事で美味しそうだったので。

着丼後に刻み生姜、刻みニンニクを添えた。

半ライスに個人的に大好きな粗挽きトウガラシを準備。

麺に少しづつ付けて食べます。

ラーメン丼の方に盛るとスープが味変してしまうので、ここから少しづつ付けるのです。

久々の本格的な家系の味です。

最近”家系”とは名乗らず”横浜ラーメン”としているチェーン店系のお店の真っ白に乳化したスープとはまた違った味。

一口目でピシっとしまった味を感じた。

麺は王道家の自家製麺のはず。

総本山は酒井製麺にこだわっている。なのでこの自家製麺が切っ掛けで総本山直系から離脱したとのお話。

流石にこだわっての麺。カタめ注文にしたが、良いコシが出ている。

そして王道家のチャーシューといえば、この燻製チャーシュー。

噛むと最高の旨味が出てくる。

家系といえばの、スープに浸した海苔で包んで食べるライス。

よくある豆板醤ではなく、粗挽きトウガラシを使うところが他のお店には無い味になっている。

残り少ないライスと一緒に食べました、味玉。

こちらもトロトロ。

ラーメンの後半は卓上調味料からフライドガーリックを入れて食べた。

卓上調味料が充実しているので、忙しいが飽きない王道家でした。

元吉村総本山直系のお店

気がつけて2年ぶりだったようで、変わらず美味しいラーメンでした。

都内から電車だと少々行きにくい場所かもしれませんが、柏店の方が便利と思います。


※宅麺.comは有名店も多くこちらから取り寄せられますので、オススメ。
タイトルとURLをコピーしました