スポンサーリンク

上野限定つけ麺「痺れ」(六厘舎・上野店)

つけ麺

東京都内でつけ麺で大人気の六厘舎さん。

東京駅の東京ラーメンストリートでは常に行列のお店で入るのは大変。

自分的に穴場の六厘舎は上野店で、現在の開店時間10時半に行くと並ばずすんなりと入れます。

上野店では店舗限定でつけ麺「痺れ」を扱っているので、久々に食べに行きました。

六厘舎上野店限定 つけ麺「痺れ」大盛・特製セット

花椒(ホワジャオ)が効いたつけ麺

今回は麺大盛、チャーシュー増し味玉付きの特製セットでの注文です。

痺れ成分の花椒は底に沈んでいるので、底からすくうとピリピリっときます。

美しく麺を盛るお店は麺をそのまま食べても美味しいお店が多い。

最初はこのまま食べ、次に卓上のライム酢やゆず粉で食べました。

痺れスープで食べる。

痺れます。

辛いというより、爽やかに痺れる

この感覚はハマります。

花椒ってこんなに美味しかった??と、思えた美味しい痺れ。

とにかく今回は爽やかさを感じたのですよ。

花椒は自分で増しにできるので、ミルでたっぷり摺りました。

チャーシューにもこの後タップリと花椒をかけて、痺れ増し。

スープ割り。

六厘舎の特徴がほぐし豚。

基本的に底に沈んでいくので、スープ割にした時に大切な具材となります。

蕎麦湯のように最後にタレを楽しむのがスープ割と思っていましたが、最近は〆のスープとして立派な料理になるつけ麺も多い。良い事です。

いつも最後の楽しみにしている味玉も痺れ増しになりました。

美味しかった。

開店直後の午前10時台にしか行った事が無いのですが、並んだ事の無い穴場。

ただガイドロープが設置れているトコロから察するに午後~夜は行列店なのかも??

しかし東京駅の東京ラーメンストリート店は同じ時刻で長蛇の列です。


※宅麺.comは有名店も多くこちらから取り寄せられますので、オススメ。
タイトルとURLをコピーしました