スポンサーリンク

富士そばと銀だこのコラボ!銀だこそば

そば

今、名代富士そばでは銀だことのコラボメニューが販売されて、お店の店頭ポスターで気になっている人も多いと思います。

自分も例外なく気になってしまい、直ぐ入店。

食べます。

銀だこそば(富士そば・小滝橋店)

なかば予想した通りの姿。

一見、ただ銀だこ富士そばの蕎麦に入れただけのメニューに見えます。

しかし銀だこ監修のメニュー。ただ入れただけでは無いと思う。

銀だこ特有の表面のカリっとした感じはかなり維持している。ここが監修のしどころだったのでは無いかと思う。

そのまま食べるのなら、やはりソースで食べたくなりますよね。

せっかく温かい汁の蕎麦で食べるならば。と、割って食べました。

蕎麦汁との相性は結構良く、こうして食べるのが良いんじゃないかと思いました。

なかなか美味しいですよ。

富士そば2店舗限定・ほぼ銀だこそば(富士そば・柏店)

富士そばの公式サイトで、銀だこそばコラボメニューのの記事を見たら、柏店・北千住東口店のみで、ほぼ銀だこというたこ焼きを尊重したメニューが店舗限定で販売されていると分かったんですよ。

JR常磐線ユーザーとして、これは食べに行かないと。って事で行ってきました。

蕎麦の上にたこ焼きを乗せ、ソースとマヨネーズがかかっていました。

別にかつお節と青のりの小袋が付いてきて、それをかけて完成。

たこ焼き部分は、ほぼ銀だこ。と、いうか完全に銀だこです。

ソースとマヨネーズに彩られた蕎麦を富士そばで食べるのは初めてで面白い。

ジャンク感があって好き。

何か足りない感じもあった。

多分ショッパ系の味、あったらもっと美味いのでは?紅生姜とかあったらもっと良かったかもしれない。

高感度高い限定コラボメニューでした。

普通に食べられる銀だこそばは、また何度か食べちゃうそうです。

タイトルとURLをコピーしました