スポンサーリンク

ドラム缶スープ、天輔(六本木)の1・3・5のチャーシューメン

ラーメン

職場でラーメンの話をしていた時の、上司からのオススメのお店。

六本木の天鳳さんに行ってきました。

話の切っ掛けはラーメン店の注文の仕方ルールの話題で、二郎系などの呪文「ヤサイ・ニンニク・アブラ」や、自分が最寄り店で覚えた「ヤサイマシマシニンニクアブラマシアジコイメ」などの話。

その時に二郎系以外の「1・3・5」の呪文を習い、六本木に行きました。

天鳳さんの場所は綺麗なビルの1階奥。ビルの前のドラム缶が目印との事で難なく発見。

呪文の秘密はこちら。

つまり、「メンカタアブラオオメアジコイメ」と同じ仕様。つまり早死三段活用

チャーシューメン(1・3・5)、半めし(天鳳)

チャーシューメン、チャーシューの数が凄い。

しかも、それぞれのチャーシューは厚みが結構あります。これは凄い。

スープは思っていたよりもショッパく無かったです。

これは…自分が味濃いめ好き傾向にあったので、自分のショッパい基準が高くなっている予感がします。(ヤバい)

それでもバランス良い美味いスープ。

確かにカタめが美味しい黄色麺。

これはもしや、味噌ラーメンでよく使われている麺なんでは??と、思って後で色々な人のレビューで確認しましたが、本当に味噌ラーメンでよく使われている麺でした。

西山製麺らしい。

チャーシューがスープ等からの味染みがほとんどない、カタめなのが特徴的。

しかし、これがスープに不思議と良く合っている。

卓上調味料郡にあるおろしニンニクとの相性も良くって、かなりニンニクをまぶしてしまいました。

半めしは、濃いスープのために必須とのレビューが多いが、自分的にはそう濃く感じなかったので、セルフチャーシュー丼として食べました。

勿論こちらもニンニク多め。

東京ミッドタウンのお向かいにある立地。

もう30年以上前から営業されているお店で、六本木のラーメンといえば、赤のれんとこちら天鳳と言われているらしい。

1・3・5の強化版とも言われているめんばりも人気らしい。

気になるので、次回はめんばりを頂きます。

タイトルとURLをコピーしました