スポンサーリンク

ビデオ編集作業日記:Blenderを使って動画編集の確認

CG-VR日記

オープンソースの統合型3Dソフトウェア、Blenderに搭載されている動画編集機能。

自分的に簡単な動画編集が出来るソフトで十分なのですが、世に出ている有名動画編集ソフトは欲しい以上の機能を兼ね備え、それに見合った価格の物が多い。

Blenderには高機能な動画編集が出来るかもしれないと知り、今回自分が最低限欲しい動画機能がBlenderで出来るか確認してみました。

BlenderVideoEdition、フェードイン、フェードアウト

今現在の作業で、最低限欲しい動画編集機能は、尺の調整と、複数の動画のブレンド。

簡単なフェードイン、フェードアウト。

BlenderのVideoEditionでその機能は何処で出来るかを探してみた。

タイムラインのトラックに貼り付けた動画上で右クリック。出てくるウィンドウのメニューでフェードイン・フェードアウトがある。これで簡単にフォードイン・フェードアウトが出来る。

設定された尺でフェードイン・フェードアウトとなるが、「再生位置から」「再生位置まで」を使用すると、任意の長さでフェードイン・フェードアウトが出来る。

画像のブレンドも自由自在です。

BlenderVideoEdition、動画の再生スピードを変更

倍速動画にする方法を調べました。

追加からエフェクトストリップ、スピードコントロールを選択すると緑色のモノが出来る。

これが出来たら、下の青い方の動画の右端をドラックすると任意のスピードに変更できました。

複数の動画を編集しつつ、一部のトラックのみ早送りする時などには便利そう。

ただ、もっと普通に2倍速、3倍速に数値入力で出来た方が楽なんですが…そのやり方を後でまた調べます。

BlenderVideoEdition、音素材の編集

普通にトラックに貼り付けて出来ました。

フェードイン・フェードアウトも設定しましたが、全体のボリューム調整はフェードイン・フェードアウトをする前にやらないと有効にならなかった。

音付き動画を出力する時の注意

デフォルトでは音声コーデック音声なしになっているので、設定しなくてはならない。

今回はAACに設定。

BlenderVideoEdition、テロップテスト

テロップ用の画像を用意。

普通にトラックに貼り付け、今までと同じようにフェードイン・フェードアウトを設定

簡単に出来ました。

これで最低限欲しかった動画編集がBlenderのVideoEditionで出来ると確認出来ました。

BlenderVideoEdition、動画のレンダリング

動画のレンダリングは、Ctrl+F12

静止画のレンダリングは F12

忘れがちなので、メモです。

まとめ

Blenderは主に3DCGを制作する為のソフトウェアである為、使い勝手が特殊なのかもしれない。

現在自分はBlenderでの作業にこだわっていこうと思っていたので、Blenderにこれだけの機能がある動画編集は願ってもない物でした。

もしも動画編集に特化した作業をしたくて、Blenderを使うのであるならオススメはあまり出来ないかもしれませんね。

そうであるなら、やはり有名なところでアドビのプレミアがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました