スポンサーリンク

モーションキャプチャー日記:LeapMotionを使ってみた

CG-VR日記

勢い余って、早速買ってしまいました。

手と指のモーションキャプチャーに特化したUSB接続のセンサー、LeapMotion

Amazonで扱っている正規代理店の商品は15,000円でした。

情報を調べてみると、少し前までは1万円前後で売っていたらしく、海外から直接買ってもそれくらいの値段らしいです。

最近注目されてきたので、代理店の売上を上げる為に値上げしたのでは??とかいう噂もあります。

海外で直接買う準備の時間も惜しく、出先で「直ぐ買う!」と、いうテンションに至ったので自分はAmazoの15,000円で購入。

家に帰ったらもう配達されていたので、良しとしました。

開封。

思ったいた以上の小ささ。

場合によってはVRゴーグルにも装着するやり方もあるので、この大きさが便利なのかもしれない。

操作方法は2種類。机の上に起き、上に手をかざしながらキャプチャーするディスクトップ・モードと、首から掛け、手を前に出しながらキャプチャーするヘッドマウント・モード

首掛けの準備は全くしてなかったので、まずは机の上に置いて、ディスクトップ・モードを試してみました。

LeapMotion ディスクトップ・モード

早速、手と指の動きをモーションキャプチャーします。

今は未設定なので、手と胴体のコリジョンが無視されるので、最後の方みたいにグチャグチャになる。 これがどうにかなるかは、これから調べます。

結構本体が発熱しますね。

LeapMotion ヘッドマウント・モード

ヘッドマウント・モードの方が良いかも?との情報が多かったので、首掛けフォルダーを買ってみようかと思いました。

ただ、この商品。配達されるまで一ヶ月くらい掛かる!?

値段的には格安ではあるのですが、ちょっと時間が掛かり過ぎるので、まずは家にある物で代用する事にした。

車用のスマホフォルダーに眼鏡紐を付けたLeapMotion即席首掛けフォルダー

全然大丈夫そう。最近車に乗る事も減り、乗っても近所でスマホでナビを使う事も無くなったので、これで良い。

LeapMotionヘッドマウント・モードで、もみもみ。

左下に出てるのは、モニターしているワタクシの手。

ディスクトップ・モードより良くなった点は現状不明。

まだ調整をしていないので、それぞれ調整方法等も調べてみないと、なんとも言えない感じですね。

LeapMotion感想まとめ

今のところ、手を動かすネタも思いつかないので、Webカメラだけでも良かったかな?

とか、ちょっと思ってしまったりしますね(汗)

後、今回も3teneを使ったのですが、どうも胸や二の腕あたりのモデルが崩れる。

特にTシャツ等はVRoidStudioで作った物をそのまま使っているのですが、特に巨乳にすると腕の付け根あたりで崩れている。

3teneに合わせたモデルのセットアップが必要なのかもしれない。

おまけ:Luppeでも少しテスト

3tene以外でもLuppeを使う方法もあるみたいなので、そちらも合わせて調べた。

Luppet
WebカメラとLeapMotionで完結する、3D VTuber向けトラッキングシステム

ちなみにLuppeの価格は2021年2月現在で5,000円だそうです。

ちょっとだけ試してみました。

確かにこちらの方がスムーズにトラッキングしているようにも感じた。

使用中に、LeapMotionのセンサーに汚れが検出され、掃除したせいもあるかもしれない。

調子が良くなってきたので、暫くは3teneで検証し、必要を感じたらLuppeも入手しても良いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました