スポンサーリンク

動画編集日記:OBSでの合成

CG-VR日記

3teneで表示しているアバターを他のウィンドウで表示している画像を合成するやり方のメモです。

Youtubeでゲーム実況にアバターを合成している方も多いですが、

「あれ、どうやっているんだろう?」

と思って、調べてやってみました。

3teneの背景をグリーンバックにする

3teneのステージ背景設定で、背景変更から色設定を選ぶ。デフォルトでグリーンバックです。

今回はBlenderを起動して、Blenderをリアルタイムに操作している所を合成します。

OBS Studioを起動

OBSにBlenderのウィンドウ画面を読み込ませます。

その上の階層に新しいウィンドウキャプチャを+を押して作り、3teneのウィンドウを貼り付ける。

3teneの背景画面を透過させる手順

3tene側の表示画面調整をします。

Altキーを押しながら赤い四角部分で移動させて大きさ調整をすると、表示領域を決められます。アバター以外の部分を見えないようにしました。

3teneの画面(透過させる画面)の上で右クリックしてメニューウィンドウを表示させ、下の方にあるフィルタを選択します。

左下の+をクリックすると更にメニューが表示させるので、その中からクロマキーを選択します。

細かい設定が出来る画面が出るが、とりあえずはこのまま「閉じる」をクリックして大丈夫。

Blenderの画面と3teneの画面の合成ができました。

髪の毛に少し緑色要素がある為、若干髪の毛が透けてしまっています。これはクロマキーを設定した時の画面で調整すれば直せます。

動作確認

Blenderを操作しながら、手前のアバターをWebカメラで動かす(リップシンク)させる動画ができました。

ゲーム実況や、PC操作をアバターに解説させる時に役立つやり方ですね。

タイトルとURLをコピーしました