スポンサーリンク

辛紅らーめんパクチー・トッピングの威力!AFURI辛紅(新宿サブナード)

ラーメン

新宿サブナードにAFURI辛紅がオープンしたのは今から1年半前の2019年9月末。

オープン間もない頃に一度辛紅らーめんを食べました。

その後に新型コロナの影響で数ヶ月休業され、営業再開された時にメニューがリニューアルされたようなので、辛紅らーめんも内容が結構変わったようでした。

営業再開後につけ麺は食べてに行っていましたが、今回1年半振りに辛紅らーめんを食べようと行ってみました。

辛紅らーめん四丁目・パクチートッピング(AFURI辛紅・新宿サブナード)

前回食べたのが、辛紅らーめんの四丁目だったので、今回も四丁目です。

最近では28丁目とか、かなりの激辛が販売されたようで挑戦者募集らしいですが、自分は辛いもの好きではあってもチャレンジャーでは無いので、真ん中くらいの辛さでいただきます。

仕事の休憩時間に来ている食事ですしね。辛さ耐性は高い方ですが、もしもの事というのもあります。

ご安全に。

パクチー大好きっというわけでも無いのですが、パクチーも久々だったので、追加トッピングで注文しました。

山椒と唐辛子、そしてベースになっている柚子が感じられるスープ。酸味があるのが特徴か?

辛くない、通常店のAFURIといえば柚子。しっかりその流れを組んだ辛さですね。

個人的にこの四丁目くらいがとっても美味しく食べられる辛さのようです。美味しい。

2種類から選べる麺では、山椒練り込み麺を選びました。この麺も個性的で良いですね。

半年くらい前につけ麺を食べた時の麺は、平打ちだった記憶があるのですが、ラーメンの方はストレートで結構な細麺です。

麺カタ注文にすれば良かった。

後半前にパクチーを全て投入しました。

かなり香り高いパクチーを使っているのかな?凄い味変になって、あっという間にパクチー麺になった。

辛さが和らぐレベルでパクチーが勝ち。

山椒の味も、唐辛子も柚子もパクチーの引き立て役になっております。美味しいのですが、パクチーはちょっとだけ好き。くらいの人は気をつけた方が良いレベルのパクチーっぷりになりますよ!

チャーシューはほぐれ具合いの良い豚チャーシューと、鶏チャーシューから選べる。

ぷるとろチャーシューというそうです。
自分はこの豚が大好きで、まだ鶏は食べた事が無い。そのうちに鶏の方も食べてみます。

とっても美味しかったが、パクチーの個性が強すぎでしたね。

聞いた話ですと、辛紅和えそばというメニューは、デフォでパクチーが入っているらしく、こちらのパクチー量は程良い予感。こちらも食べてみたい。

1年以上前に辛紅らーめんを食べた時の私の記録が残っております。

AFURI辛紅 新宿サブナードの柚子辛紅らーめん、シシトウの存在感! : 毎日麺生活
9月末に開店したばかりと聞きます、AFURIの新事業店、AFURI辛紅 新宿サブナードに来ました。AFURIの評判は前々から聞いてて、いつか行ってみたいと思ってました。かなりお洒落で女性に人気のあるイメージです。AFURI辛紅はAFURIの新規事業で、辛いラーメンを売りにしている

大分メニューも変わっています。

大きなシシトウが入っていたのが個性的でしたね。チャーシューも鶏だったようです。

実は本家の方のAFURI、行った事が無いのでそちらも行かねば。


※宅麺.comは有名店も多くこちらから取り寄せられますので、オススメ。
タイトルとURLをコピーしました